ご希望の方には、無料個別説明会でさらに詳しい情報をスタッフがご説明します。お気軽にご参加ください!

保育所は、すべての子どもが入所できるわけではない。

保育所は、わが子を預けたいと思う親の子ども誰もが入所ができるわけではありません。

「児童福祉法」という法令の第24条では、「保護者の労働又は疾病その他政令で定める基準に従い市町村が定める条例の事由により、その監護すべき児童が保育に欠けるところがある場合において、保護者からの申し込みがあったとき、保育所において保育を実施しなければならない」としています。

つまり、親が仕事や病気などのために子どもを自分たちで育てることができないなどの、しかるべき「理由」がなければ親は子どもを保育所に預けることができないわけです。

そして「児童福祉法施行令」という「児童福祉法」をさらに細かく規定した法令の第27条で、児童の保護者のいずれもが次の各号に該当する児童であって、かつ、同居の親族その他の者が当該児童を保育することができないと認められる場合に行うものとしています。

  • 一 昼間労働することを常態としていること。
  • 二 妊娠中であるか又は出産後間がないこと。
  • 三 疾病にかかり、若しくは負傷し、又は精神若しくは身体に障害を有していること。
  • 四 同居の親族を常時介護していること。
  • 五 震災、風水害、火災その他の災害の復旧に当たっていること。
  • 六 前各号に類する状態にあること。

以上をご覧いただけばお分かりかと思いますが、近年の夫婦共働き家庭の増加や、高齢化社会の到来による親の介護など、保育所への「入所基準」を満たしている家庭は増加しています。

それに比べて保育所の数が足りず、いわゆる「待機児童」が増えていることも社会問題となっています。こうした問題が一刻も早く解消されるよう対策が求められています。

講座資料を無料でお届け

保育士試験制度や保育士資格の活用性、キャリア・ステーション保育士総合講座のご案内を無料でお届けしております。以下のフォームからご請求ください!







保育士試験を受けるならいますぐ無料説明会にご参加ください!

説明会は「ご来校」「お電話」の2つのスタイルからお選びいただけます。
保育士試験合格には学習スケジュールが非常に重要です!
専任スタッフがあなたに合ったカリキュラムや勉強の進め方を丁寧にご提案いたします。
※月曜・祝日は定休日となります。あらかじめご了承くださいませ。
※ご予約が説明会希望日の前日18時を過ぎた場合、事務局による確認が翌朝以降になります。あらかじめご了承くださいませ。

※年齢と学歴は保育士試験の受験資格を確認するためのものです。受験資格が無い方には応援プランをご用意しております。

クリックから送信完了まで10秒~20秒程度かかります。
送信中は、ボタン右に矢印が表示され回転します。回転が止まるまでお待ちください。
送信完了後には確認ページに自動ジャンプします。このまましばらくお待ちください。