保育士の仕事ってどんなことをするの?

保育士の仕事内容が具体的にはどんなものなのか、保育所を例にとってみると以下のような内容が中心となります。

就学前に基本的な生活習慣を身に付けさせる。

人が心身ともに健全な社会生活を送るために欠かせない生活習慣を基本的生活習慣といいます。幼児期に身に付けることが重要とされるもので、食事、睡眠、排泄、清潔、衣類の着脱の5つです。

基本的生活習慣を身に付けることは子どもの自立を促すことにもつながり、学校教育の土台作りともいえます。

子どもの身の回りの世話。

子どもを日々心身ともに健康な状態で預かるために、子どもの顔色、声の調子、行動などを常にチェックしながら、子どもの気持ちを汲み取り、欲求を適切に満たしていきます。

また、保育方針を明らかにするために、子どもの個別指導計画を立てていきます。指導計画は子どもの月齢、発達に応じて年齢ごとに年間、月間で作成します。

集団生活を通して社会性を養わせる。

ルールのある遊びや、ごっこ遊びなどを通して社会性を学ばせたり、地域の大人や保護者との行事を企画し、子どもの社会性を養っていきます。

遊びを中心とした生活を通して心身の健やかな発達をサポートする。

子どもが心身ともに健やかに成長するため、保育士は様々な遊びなどの計画をたて、子どもに働きかけます。日常的には、子どもの様子や天候、疲労度を見ながら、時には柔軟な保育を進めていきます。

保護者に対しての報告、子育てに対するアドバイス、サポートを行う。

保育士は、子育ての専門家ですから、家庭との連携や子育てに対するサポートは重要な仕事です。家庭との情報交換のためには、連絡帳の記入が大きな役割を果たします。

子どもの健康状態や食欲を記して報告したり、保護者の不安、疑問点などの解消を図ったりします。また、クラス便りや園便りを発行してコミュニケーションをとります。


著者情報
糸賀瑞江

糸賀瑞江

キャリアステーションの受講生さんはとても勉強熱心。その姿と明るい笑顔にはいつも元気をもらっています。 ありがとうございます。 保育士さんという仕事は、大人と子どもを笑顔でつなぐことのできる、 とてもやりがいのある仕事ですね。 笑顔の子どもが増えると、世の中が明るく輝いていくと思います!「保育士になりたい!」という夢をお持ちの皆さん、夢の実現への一歩、応援いたします!

この人が書いた記事