東海エリア非常勤講師

安藤 彩子 あんどう あやこ

あいさつ

保育士国家資格試験で資格取得を目指す方々は、一度は別の仕事に就いたり、様々な経験を積んだりした後、自身の強い意志を持って勉強を始められた方が多くみえます。そして、その様な経歴を持つ皆様には、“最初から保育士”ではなく、回り道をしてきたからこそ見えているものや、持っているものがあるように感じています。

真剣な眼差しで授業に臨み、一生懸命保育士を目指す皆様に対し、私も精一杯の力で応えていきたいと考えています。

担当科目

保育原理・教育原理・子どもの保健・子どもの食と栄養・保育実習理論(音楽理論)・実技音楽表現

経歴

・音楽大学 音楽学部器楽学科ピアノ専攻 卒業
・大学 家政学部児童学科 卒業
・旅行会社勤務
・公立保育園勤務
・ピアノ講師

わたしの指導ポイント

働きながら、家庭の仕事をしながら、子育てしながら・・・と色々な事を掛け持ち、両立させながらの受験勉強は大変だと思います。私自身も一般企業で働きながら保育士資格を取得しましたので、受験生の皆さんの苦労や気持ちはわかるつもりです。ですから、限られた時間の中で効率的に勉強ができるよう、授業はポイントを押さえて行います。

実技対策では、きめ細かく丁寧に、筆記対策では、できる限り授業後に疑問を残さないように、すっきりとした気持ちで教室を出て、また家でも勉強してみようと思えるような授業を心がけています。

保育士試験学習をすると…

発達系科目の学習をすることで、子どもについての知識が増え、仕事で子どもと接したり、自身の子育てにおいても納得のいく場面が多くなり、俯瞰しつつ長い目を持って子ども達と関わることができるようになります。

福祉系や教育原理といった科目の学習をすることで、現代社会の問題点と、それに対する行政の施策も身近に感じられるようになり、社会問題に対する興味・関心が高まり、理解も深まります。

これから保育士資格取得を目指される方へ

受講生さん達の「合格しました!」という連絡は、いつも喜びに溢れています。そして、その連絡を受ける度に、新しい一歩のお手伝いができて良かった…と私も嬉しい気持ちになります。

受験勉強を始めた時、多岐にわたる試験範囲と内容の多さを目の当たりにし、受かる気持ちがしない・・・そのような思いを抱く人は多いかもしれません。ですが、保育士試験対策専門予備校であるキャリア・ステーションでは、しっかりと試験の傾向分析とその対策を行い、合格へ向けてのお手伝いをさせていただきます。 是非、一緒に頑張りましょう!