平成18年(2006年)以前の保育士試験の合格者の皆さまにインタビューを行いました!

平成18年(2006年)以前の保育士試験を見事合格されたキャリア・ステーション受講生の方から頂いた喜びのお声を掲載しています。これから保育士試験に挑戦するあなたも、ぜひキャリア・ステーションの合格者としてお名前を残してください!

合格者コメント

わからなかった「音楽」は、先生に質問できたおかげで合格できました。

佐々木 一郎 さん(平成18年度保育士試験合格)

仕事はなるべく平日に済ませ、週末のうちの一日を勉強の為に使いました。僕の場合は、最初から2年計画で臨み、1年目は興味のある科目を、2年目は苦手な科目を中心に勉強しました。各科目2回ずつはライブ授業や講義の録音を聞くようにして全体像を把握し、試験直前に一気にまとめました。勉強を進めていくうちに、保育士の責任の重さを改めて感じましたが、逆に活力にして頑張れたようにも思います。

キャリア・ステーションを一言で表すと「心」です

藤巻 梨夏 さん(平成18年度保育士試験合格)

1回目の試験で合格をできるか不安でしたが、スタッフの方が相談に乗ってくれたり、励ましたりしてくれたおかげで合格できました。また授業では、先生の話を聞くたびに「保育士資格を取りたい」という思いがどんどん大きくなり、頑張りきれました。保育士試験の勉強は、人間性も同時に高めてくれるものだと思いますので、ぜひチャレンジしてほしいです!

「保育士資格を取る!!」という気持ちが常にあれば、絶対に合格できる!

村井 綾子 さん(平成17年度保育士試験合格)

大学在学中の就職活動の際に一般企業になかなか興味が持てず、以前から子どもと接することが好きだったので、思い切って資格を取る道を選びました。大学までの通学時間が長かったので、週1回の授業だけは出席するように心がけて、電車で暗記系の勉強はしてました。合格後は達成感がすごくあり、自分も子どもを育てることができるという自信もつきました。

保育士資格を目指す仲間がたくさんいます!仲間がいたから頑張れました。

浅野 ゆき子 さん(平成16年度保育士試験合格)

自分の娘が6年間保育所に通っていたので、そこで保育士の仕事の奥深さ・素晴らしさを実感し、娘の卒園後に保育士を目指しました。仕事・家事・子育てとあまり時間をとれなかったので、会社の昼休みや通勤時間を利用して勉強しました。人生で初めて自分が「やりたい!」と強く思うことを見つけ、行動に移し、やり遂げた充実感・達成感は得がたいものです。仲間もできて、本当に多くのものを得ることができました。