平成27(2015)年 地域限定試験 子どもの食と栄養の過去問題です。キャリア・ステーションの解答見解は平成27(2015)年保育士試験 地域限定保育士試験解答速報ページをご確認ください。

問1

次の文のうち、「食生活指針」(平成12年:文部省、厚生省、 農林水産省)の一部として適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 家族の団らんや人との交流を大切に、また、食事づくりに参加しましよう。
  2. 日本の気候・風土に適している小麦などの穀類を利用しましょう。
  3. たっぷりの海藻で、ビタミン、ミネラル、食物繊維をとりましょう。
  4. しっかりかんで、ゆっくり食べましよう。
  5. 自分の健康目標をつくり、食生活を点検する習慣を持ちましょう。
(組み合わせ)
ABCDE
1××
2×
3××
4×××
5×××

問2

次の文は、「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に示されている乳児に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 乳児では、推定平均必要量や目安量を決定するための実験はできない。
  2. 健康な乳児が摂取する母乳の質と量は乳児の栄養状態にとって望ましいものと考えられる。
  3. 生後0日目~5か月の乳児の栄養は、100%乳汁に依存する。
  4. 生後0日目~5か月の乳児の哺乳量は、0.78L/日とされている。
(組み合わせ)
ABCD
1
2×
3××
4×
5×××

問3

次の文は、「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 1~17歳を小児、18歳以上を成人とする。
  2. 推奨量とは、ある対象集団において測定された必要量の分布に基づき、母集団に属するほとんどの人(97~98%)が充足している量をさす。
  3. 脂質では、n-6系脂肪酸及びn-3系脂肪酸の食事摂取基準が示されている。
  4. 亜鉛は、微量ミネラルの一つである。
(組み合わせ)
ABCD
1
2×
3××
4××
5×××

問4

次の文は、脂質の種類と機能に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 脂質は、水に不溶で、有機溶媒に溶解する化合物である。
  2. 脂質は、細胞膜の主要な構成成分である。
  3. 脂質は、エネルギー産生の主要な基質である。
  4. 分子構造において、炭素間に二重結合をもつ脂肪酸を不飽和脂肪酸という。
(組み合わせ)
ABCD
1
2×
3×
4××
5××××

問5

次の文は、「授乳・離乳の支援ガイド」(平成19年:厚生労働省)に示されている授乳の支援のポイントに関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 妊娠中から、適切な授乳方法を選択でき、実践できるように、支援しましょう。
  2. 母親の状態をしっかり受け止め、赤ちゃんの状態をよく観察して、支援しましょう。
  3. 授乳のときには、できるだけ静かな環境で、しっかり抱いて、優しく声をかけるように、支援しましょう。
  4. 授乳への理解と支援が深まるように、父親や家族、身近な人への情報提供を進めましょう。
(組み合わせ)
ABCD
1
2×
3×
4×××
5×××

問6

次の文は、「授乳・離乳の支援ガイド」(平成19年:厚生労働省)における離乳に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 離乳とは、母乳または育児用ミルク等の乳汁栄養から幼児食に移行する過程をいう。
  2. 子どもにはそれぞれ個性があるので、離乳については、画一的な進め方にならないよ う留意しなければならない。
  3. 離乳の開始後ほぼ2か月間は、離乳食は1日1回与える。
  4. 生後5、6か月頃の<食べ方の目安>として、「いろいろな味や舌ざわりを楽しめるように食品の種類を増やしていく。」が示されている。
(組み合わせ)
ABCD
1
2×
3××
4××
5×××

問7

次の文は、幼児期の栄養と食生活に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 幼児は、からだが小さく胃の容量も小さいが、体重1kgあたりのエネルギー必要量は、 成人より多い。
  2. 幼児の間食では、食事でとりきれないものを補足することを心がけ、食事の素材を活用するようにするとよい。
  3. 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」において、3~5歳の脂質の食事摂取基準(脂 質の総エネルギーに占める割合(脂肪エネルギー比率):%エネルギー)目安量は、男性女性ともに、40とされている。
  4. 「日本食品標準成分表2010」(文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告)によると、普通牛乳は、良質のたんばく質をはじめとして、鉄も豊富に含むので、食物 アレルギーがない限り、毎日与えるように心がける。
(組み合わせ)
ABCD
1
2×
3××
4××
5×××

問8

次の文は、「平成17年度乳幼児栄養調査」(厚生労働省)における幼児期の食生活の問題点に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 「子どもの食事で困っていること」(1歳以上:総数)で、割合の最も多いのは、「偏食する」である。
  2. 「子どもの食事で困っていること」(1歳以上:総数)で、「遊び食い」の割合は、年齢が高くなるにつれて増加する。
  3. 子どもの朝食習慣を就寝時刻別にみると(1歳以上)、就寝時刻が遅くなるほど、朝食欠食の割合は高率になる。
(組み合わせ)
ABC
1
2×
3×
4××
5××

問9

次の文は、学童期及び思春期の栄養と食生活に関する記述である。適切な記述を○ 不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 「平成25年度学校保健統計調査」(文部科学省)によると、小学校の女子では、年齢が上がるにつれて、肥満傾向児の出現率が増加する。
  2. 「平成25年度学校保健統計調査」(文部科学省)によると、中学校における痩身傾向児の出現率は、男子よりも女子のほうが高い。
  3. 急速な身体的発育に伴い血液量が増加する時期であり、特に女子では、月経の開始等 で鉄の必要量が増す。
  4. 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」において、15~17歳のたんばく質の食事摂取基準(推奨量:g/日)は、男性女性ともに、18~29歳の量と同じである。
(組み合わせ)
ABCD
1
2×
3×
4×××
5××

問10

次の文は、「学校給食実施基準」(平成25年:文部科学省)の児童又は生徒一人一回当たりの学校給食摂取基準に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を× とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 児童(6歳~7歳)のエネルギー(kcal)は、750である。
  2. 児童(8歳~9歳)のたんばく質(g)は、30である。
  3. 児童(10歳~11歳)のカルシウム(mg)は、300である。
  4. 生徒(12歳~14歳)の食物繊維(g)は、6.5である。
(組み合わせ)
ABCD
1×
2×
3××
4××
5×××

問11

次の文は、「日本人の食事摂取基準(2015年版)」における思春期に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 15~17歳におけるカルシウムの食事摂取基準(推奨量:mg/日)は、男性女性ともに、 各年齢区分の中で最も多い。
  2. 12~14歳における脂質の食事摂取基準(脂質の総エネルギーに占める割合(脂肪エネルギー比率):%エネルギー)目標量は、男性女性ともに、20~30である。
  3. 15~17歳における食物繊維の食事摂取基準(目標量:g/日)は、男性女性ともに、成人(18歳以上の年齢区分)と同じ20以上である。
  4. 15〜17歳におけるナトリウム(食塩相当量)の食事摂取基準(目標量:g/日)は、男性8.0未満、女性7.0未満であり、いずれも成人(18歳以上の年齢区分)と同じである。
(組み合わせ)
ABCD
1×
2×
3××
4××
5××

問12

次の文は、「妊産婦のための食生活指針」(「健やか親子21」推進検討会報告書)(平成18年:厚生労働省)に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 健康な子どもを生み育てるためには、妊娠前からバランスのよい食事と適正な体重を目指しましょう。
  2. 妊娠期・授乳期には、必要とされる量のカルシウムが摂取できるように、偏りのない食習慣を確立しましょう。
  3. 母乳育児はお母さんにも赤ちゃんにも最良の方法です。バランスのよい食生活で、母乳育児を継続しましょう。
  4. 妊娠・授乳中の喫煙、受動喫煙、飲酒は、胎児や乳児の発育、母乳分泌に影響を与えます。禁煙、禁酒に努め、周囲にも協力を求めましょう。
(組み合わせ)
ABCD
1
2××
3×××
4×
5×××

問13

次の文は、「保育所保育指針」第5章「健康及び安全」の3「食育の推進」の一部である。( A )~( D )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

子どもが生活と( A )の中で、( B )を持って食に関わる体験を積み重ね、( C )を楽しみ、( D )を楽しみ合う子どもに成長していくことを期待するものであること。

(組み合わせ)
ABCD
1保育目的遊び食育
2望ましい環境意欲食事遊び
3遊び意欲食べること食事
4保育意欲遊び食事
5遊び目的食べること食育

問14

次の文は、「楽しく食べる子どもに~食からはじまる健やかガイド~」(平成16年:厚生労働省)に示された、「発育・発達過程に応じて育てたい“食べる力”」の思春期に関する記述である。適切な記述を◯、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 一緒に食べる人を気遣い、楽しく食べることができる
  2. 自分の身体の成長や体調の変化を知り、自分の身体を大切にできる
  3. 食事のバランスや適量がわかる
  4. 1日3回の食事や間食のリズムがもてる
(組み合わせ)
ABCD
1×
2××
3×
4×××
5××

問15

次の文は、保育所における食事の提供に関する記述である。適切な記述を◯、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 児童福祉施設における食事は、施設内で調理するのが原則であるが、保育所においては、満2歳以上の児童に対する食事の提供に限り、公立・私立を問わず全国において、施設外で調理し搬入すること(外部搬入)が認められている。
  2. 実施する保育所においては、調理室として加熱、保存、配膳等のために必要な調理機能を有する設備を有すること。
  3. 子どもの年齢、発達の段階や健康状態に応じた食事の提供や、アレルギー、アトピー等への配慮、必要な栄養素量の給与等子どもの食事の内容、回数や時機に適切に応じることができること。
(組み合わせ)
ABC
1
2×
3××
4×
5××

問16

次の文は、「児童福祉施設における食事の提供ガイド」(平成22年:厚生労働省)における「食事の提供における食中毒予防のための衛生管理」に関する記述である。( A )~( C )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

大量調理施設衛生管理マニュアルでは、「調理後直ちに提供される食品以外の食品は病原菌の増殖を抑制するために、( A )℃以下又は( B )℃以上で管理することが必要である」として手順を示している。

さらに「調理後の食品は、調理終了後から( C )時間以内に喫食することが望ましい」と記述している。

(組み合わせ)
ABC
11055
21055
31065
42055
52065

問17

次の文は、子どもの食物アレルギーに関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. アレルギーの原因となる抗原を特にアレルゲンといい、食物アレルギーは、食物中のアレルゲンによって症状が出る。
  2. 食物アレルギーのほとんどは、食物に含まれる糖質が原因で起こる。
  3. 保育所では、乳幼児が食事の自己管理ができないために、除去食品の誤食が発生する可能性があり、保育者は注意が必要である。
  4. 幼児期の食物アレルギーは変化するので、食事においては常に見直しが必要である。
(組み合わせ)
ABCD
1
2×
3×
4×××
5×××

問18

次の文は、子どもの貧血と食事に関する記述である。 適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. へモグロビンは鉄を含む化合物であり、血液中において酸素を運搬する役割をもつ。
  2. 貧血の症状の一つとして、ヘモグロビン量が正常範囲よりも減少することがあげられる。
  3. 鉄欠乏性貧血は、急速に成長して鉄需要の多い思春期に発症しやすい。
  4. 食品中に含まれる鉄の吸収率を比較すると、へム鉄より非へム鉄のほうが高いので、非へム鉄を豊富に含む魚や赤身の肉などを十分に摂取するとよい。
(組み合わせ)
ABCD
1
2×
3××
4××
5××

問19

次の文は、食べる機能に障害がある子どもの食事と食事介助に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 子どもの食べる機能の発達を観察し、子どものペースで支援する。
  2. 食べものを飲み込みやすくするためには、食べものの大きさ、かたさに配慮し、トロミを加えることなども考慮する。
  3. 食べものの形態を整えるには、フードプロセッサーなどの調理器具や、かたくり粉、市販の増粘剤を使用すると便利である。
  4. 口唇を閉じる力の弱い子どもには、食べものをのせる部分が平坦で、口の幅より小さいスプーンを使用すると、食べものを口の中に取り込みやすい。
(組み合わせ)
ABCD
1
2×
3××
4××
5×××

問20

次の文は、重症心身障害児の特徴と栄養管理に関する記述である。( A )~( C )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
  • 過敏や心理的不快感から( A )に陥りやすい。
  • 腹筋の発育不足や抗けいれん剤服用の副作用、食事摂取量の不足、食物繊維や水分量の不足から( B )になりやすい。
  • 嘔吐、食道・胃逆流、胃・十二指腸の通過障害などにより、栄養摂取量( C )に陥りやすい。
(組み合わせ)
ABC
1過食肥満過剰
2過食高血圧不足
3拒食便秘不足
4拒食貧血過剰
5拒食下痢過剰