こんな時だからこそ、明るく元気にがんばろう!
当校は「授業」も「入学説明会」もすべてインターネットで対応OK!
皆さまに安心して学習していただけるように万全の体制を整えております!

新型コロナウイルス感染防止に向けた取り組みとして、皆様の健康と安全を第一に考慮し、首都圏エリア事務局の営業時間を以下の通り変更とさせていただきます。

3月31日(火)~4月21日(火)の期間
毎週火曜日 営業時間 10:00-21:00 → 10:00-18:00

火曜日以外の曜日は通常通り営業致します。
各曜日の営業は以下の通りです。

火曜日 10:00-18:00
水曜日 10:00-21:00
木曜日 10:00-21:00
金曜日 10:00-18:00
土曜日 10:00-18:00
日曜日 10:00-18:00
月曜・祝日 定休日

ご理解いただけますと幸いです。

<首都圏エリアの教室での授業について>

●3月31日(火)以降の授業に関しては、予定通り開催をさせていただきます。当校では、職員及び講師ともに、できる限りの予防(マスク着用・換気・アルコール消毒等)に努めておりますので安心してご来校ください。ご来校の皆さまにも、施設内にて同様の予防措置をお願いしております。ご理解いただきますようお願い申し上げます。

●3月28日(土)・29日(日)に休講としました授業に関しては、代講は行いません。インターネット受講にて学習を進めてください。

●室内の換気を今まで以上に強化します。状況によっては、窓を開けたまま授業を実施する場合があります。寒さ対策に上着ご持参などご協力お願い致します。


<DVD補講について>

渋谷本校にて実施しております、DVD補講については、感染防止のため、利用時間の変更と座席数の縮小をさせていただきます。

[DVD補講利用時間]
平日 11:00-12:55、13:00-14:55、15:00-16:55
土日 10:00-11:55、12:00-13:55、14:00-15:55

[座席数]
4席 → 2席


<営業時間の変更について>

3月31日(火)~4月21日(火)の期間、毎週火曜日 営業時間が変更となります。

10:00-21:00 → 10:00-18:00

火曜日以外の曜日は通常通り営業致します。


今後状況が変わった場合は、対応の変更の可能性がありますので、必ず、受講生連絡ボードの確認をお願い致します。

<事務局業務について>

現在のところ通常通り事務局業務を行っております。

営業日・営業時間の変更などが生じる場合には、当サイトならびに『受講生連絡ボード』にてご連絡をさせていただきます。

<感染予防について>

職員及び講師ともに、できる限りの予防(マスク着用・換気・アルコール消毒等)に努めております。
ご来校の皆さまにも、施設内にて同様の予防措置をお願いしております。
ご理解いただきますようお願い申し上げます。

また、感染なされた方との接触が疑われる方におきましては、施設内への立ち入りをご遠慮いただくとともに、スタッフへのご相談をお勧めいたしております。学習の進め方など状況に応じアドバイスさせていただきますのでご安心くださいませ。

<感染状況について>

現在のところ、受講生ならびに職員及び講師ともに感染の報告はございません。
万が一感染の報告がありました際には、当サイトならびに『受講生連絡ボード』にて当校の対応をご連絡させていただきます。

<既にネット学習をご利用いただいている方>

教室での授業は、通常通り実施しております。当校では、職員及び講師ともに、できる限りの予防(マスク着用・換気・アルコール消毒等)に努めておりますので安心してご来校ください。また引き続き、インターネット受講もご活用くださいませ。

<今までネット学習をご利用いただいていなかった方>

ご自宅でも安心して受講ができるように、現在「保育士総合講座」をライトプランでご利用いただいている受講生にインターネット受講を臨時的に無料で開放しておりますので、ぜひご活用くださいませ。アカウント情報は個別でお知らせしております。

<筆記直前対策講座のみご利用いただくご一般の方>

ご自宅でも安心して受講ができるように、「令和2年(2020年)前期試験対策 筆記直前対策講座」をお申込みいただいた方でお申込み時に「インターネット受講のみ希望」を選択された方、教室での受講を希望していたがインターネット受講に変更したいという方は、受講料金納入後、受講科目のインターネット受講のアカウント情報を個別でお知らせ致します。ぜひご利用くださいませ。

保育士総合講座 電話説明会
保育士総合講座 オンライン説明会

 

帰国隊員等教育訓練手当とは

青年海外協力隊の帰国後の進路開拓に役立つ技術・技能の修得または免許・資格の取得につながる教育訓練に対して、JICAが支援する制度です。帰国隊員等教育訓練手当は、JICA(独立行政法人 国際協力機構)を窓口として実施しています。

制度利用をご検討の場合は、必ず受講の開始前にJICAにてご確認ください。受講開始後・修了後にご相談された場合は、制度を利用できない場合があります。

また、制度を利用される場合は受講お申込手続きの際に、必ず当校スタッフにお申し出ください。

帰国隊員等教育訓練手当が利用できる講座

首都圏エリア 関西エリア

上記エリアにおいてご利用実績があります。

帰国隊員等教育訓練手当の内容

対象者(要件)

2年派遣を基本とする青年海外協力隊一般隊員、および日系社会青年ボランティアで、任期満了者です。現職参加者は対象外となります。また、協力隊を育てる会の「帰国隊員等人材育成奨学金」や当該手当を過去に受けたことがある方も対象外となります。

支給額

「入学受験料」「入学金」「受講料」「必要教科書代」を対象訓練経費とし、その合計の80%以内、上限が20万円、下限金額は8千円となります。申請にあたっては、訓練経費内訳が明瞭である必要があります。また、8千円を下回る場合は、支給対象となりません。

対象教育訓練機関

  1. 大学・大学院においての科目履修(入学又は編入学による履修を含む)
  2. 専門学校1専攻
  3. 講習会等1講座

通学、通信ともに可能ですが、実施機関、実施場所とも日本国内である必要があります。ただし、語学の学習と帰国後の復学は対象とはなりません。

教育訓練対象期間と申請時期

帰国日から24ヶ月以内に開始した教育訓練であり、対象となるのは、最初の1年以内となります。教育訓練が1年以内に修了するものは、修了後1ヶ月以内(修了翌日から起算して1ヶ月以内)に、複数年に亘る教育訓練の場合は、最初の1年目が終了してから1ヶ月以内(終了翌日から起算して1ヶ月以内)に申請してください。

帰国隊員等教育訓練手当について(JICAホームページ)