ご希望の方には、無料個別説明会でさらに詳しい情報をスタッフがご説明します。お気軽にご参加ください!

保育士養成校のメリット

保育士養成校で保育士資格を取得する場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。まずはメリットから見ていきましょう。

確実な資格取得が見込める。

所定の科目・課程を履修すると、卒業と同時に保育士資格が取得できるため、「2~4年後、確実に資格が取りたい!」という方にはおすすめです。

幼稚園教諭免許の同時取得が可能。

保育士養成校には、幼稚園教諭免許を同時に取得できる学校があります。大学では、幼稚園教諭1種免許、短期大学と専門学校では幼稚園教諭2種が取得できます。

カリキュラムに実習が含まれる。

保育士試験突破を目指す場合、ペーパーテスト対策が中心になりますが、保育士養成校で勉強する場合、カリキュラムに実習が含まれていますので、より実践的な内容を学ぶことが可能です。

就職など、資格取得後のサポートが期待できる。

保育士養成校の中には卒業生の就職実績があるところも多く、卒業後すぐの就職を考えた場合、その面でのサポートを受けられることが多いようです。

保育士試験の受験資格がなくても資格取得が可能。

保育士資格取得には2通りの方法があり、今ご紹介している指定保育士養成施設を卒業するほか、保育士試験で合格する、という方法があります。

保育士試験については受験資格が必要となり、受験したいタイミングで受験資格がない場合もあります(受験資格についてはこちら)。それでも保育士資格を取得したい場合、保育士養成校への通学をすれば資格取得が可能です。

保育士養成校のデメリット

続いて保育士養成校で保育士資格を取得する場合のデメリットです。

卒業まで2~4年が必要。

卒業まで、専門学校や短期大学は最低2年、大学では4年が必要です。じっくりと勉強したい方には向いている方法ですが、家庭や仕事と両立をしながらの資格取得を目指す方、少しでも早く資格取得し保育現場に出たいとお考えの方には向きません。

また、通信制の場合でも実習に出る必要がありますので、スケジュールを調整する必要があります。

学費が高額。

保育士養成校へ通学すると、年間数十万円~100万円前後の学費が必要ですので、経済的な負担が非常に大きくなります。

講座資料を無料でお届け

保育士試験制度や保育士資格の活用性、キャリア・ステーション保育士総合講座のご案内を無料でお届けしております。以下のフォームからご請求ください!

※その他のエリア(インターネット校)をご検討の方はこちらのページもご確認ください。






保育士試験を受けるならいますぐ無料説明会にご参加ください!

保育士試験合格には学習スケジュールが非常に重要です!専任スタッフが丁寧にご説明いたします。ぜひいますぐご来校いただき、学習スケジュールをお早めにご相談ください!
※月曜・祝日は定休日となります。あらかじめご了承くださいませ。

※年齢と学歴は保育士試験の受験資格を確認するためのものです。受験資格が無い方には応援プランをご用意しております。