ご希望の方には、無料個別説明会でさらに詳しい情報をスタッフがご説明します。お気軽にご参加ください!

保育士資格取得に向けての学習方法は様々あり、それぞれメリット・デメリットがあります。ここでは通学制講座で学習する場合についてお話しします。

通学制講座のメリット

効率的に理解ができる。

難しいテキストを読んでいてもどこが重要ポイントで、どこから出題されるのか分からないという心配があります。しかし、通学制講座では保育士試験の出題ポイントを踏まえて授業を行っているので、理解しておきたい重要ポイントはしっかりと解説しています。

過去問題にも絡めて解説しているので、過去の保育士試験でどのような出題があったのか知ることも可能です。また、理解しにくい文章も皆さんがイメージしやすいように言い換えて解説しているので、独学で勉強するよりも早いスピードで理解をしながら学習を進めることができます。

最新情報をいち早く得られる。

保育士試験対策では、もちろん基礎的な知識は絶対に必要です。しかし、テキストから全ての問題が出題されるわけではありません。時事問題を絡めた問題や一般常識で解ける問題なども出題されます。

また、福祉系の科目では法律に関する知識も必要になります。法律は頻繁に改正がありますので、その情報もしっかりと得ておく必要があります。

通信教育や独学で保育士試験対策をしている方は、インターネットや新聞等で最新の情報を逐一収集しなければなりませんが、通学制ではそこまで情報収集に気をつけなくても大丈夫でしょう。当校では講義の中で随時最新の情報をお伝えしていますので、学校側にお任せでも安心です。

勉強時間がしっかり確保できる。

保育士試験の対策をする上で、多くの方が心配に思うのが「勉強と生活の両立」です。仕事や家事など生活の主体となるものがある中で勉強を続けるのは難しいですよね。

家ではゆっくり自分の時間がとれなかったり、疲れて帰ってきて何もすることができなかったり、勉強をしようと思っていてもついつい甘い自分に負けてしまったり。

当然のことですが、通学制はとにかく学校に来てさえしまえば学習できます。授業中はいい意味で拘束されるので、しっかりと勉強時間がとれるのです。

周囲からの刺激を受ける。

通学している受講生は「保育士試験合格」という同じ目標に向けて、全員が頑張っています。その空間で勉強することで、非常に良い刺激を受けることができます。

多くの方々が忙しい合間を縫って授業を受けにいらっしゃっています。その受講生を見て「自分も頑張らなきゃ」と気持ちを奮い立たせる方も多いです。挫折しそうなときも「辛いのは自分ひとりではない」と心の支えにし、合格できた方が大勢いらっしゃいます。

通学制講座のデメリット

自分のペースで学習が進められない。

通学制では講師が授業を進めていきます。そのため、授業のスピードは自分でコントロールすることができません。しっかりとテキストを読み込みたいと思っていても、先に進んでしまうこともあります。受講生全員の理解ができてから次に進むというわけにはいきませんので、授業の復習というのは重要になってきます。

授業日程に予定を合わせる必要がある。

通学制の講座は授業の日程が決まっています。そのため、ご自身の都合によっては希望の授業に出席できないということもあり得るかもしれません。365日24時間、希望の時間帯で授業を受講することはできませんので、授業の日程を確認し、その時間帯に参加する必要があります。

交通費がかかる。

通学制ですので、教室まで通う交通費がかかります。受講費用のほかにも出費があるということは念頭においておきましょう。

以上が通学制講座で保育士試験対策を行なう際のメリットとデメリットです。

もちろん、自分の性格や生活スタイルなど、何に合わせて選択するか基準はそれぞれです。ご自身がどういう勉強方法であれば保育士資格を取得できるのかイメージしてみてくださいね。

講座資料を無料でお届け

保育士試験制度や保育士資格の活用性、キャリア・ステーション保育士総合講座のご案内を無料でお届けしております。以下のフォームからご請求ください!

※その他のエリア(インターネット校)をご検討の方はこちらのページもご確認ください。






保育士試験を受けるならいますぐ無料説明会にご参加ください!

保育士試験合格には学習スケジュールが非常に重要です!専任スタッフが丁寧にご説明いたします。ぜひいますぐご来校いただき、学習スケジュールをお早めにご相談ください!

※年齢と学歴は保育士試験の受験資格を確認するためのものです。受験資格が無い方には応援プランをご用意しております。