ご希望の方には、無料個別説明会でさらに詳しい情報をスタッフがご説明します。お気軽にご参加ください!

保育士の休暇制度

保育士は他の職業同様、有給休暇や慶事休暇、生理休暇、産前産後休暇、育児休暇などの休暇制度があります。

労働基準法で定められている有給休暇は最低条件で年間10日、以後勤続が1年増えるごとに日数が増え、6年半以上勤続すると年間最低20日の休暇が与えられます。慶事休暇などは法律で定めがないため、休暇日数は職場によってさまざまです。

保育士の休暇の取りやすさ

休暇は公立の保育所の職員など地方公務員のほうが比較的取りやすいといわれています。私営の保育所では保育士の待遇は施設独自に決められますので、施設によってまちまちであるようです。

また、昨今の共働き家庭の増加に伴う保育ニーズの多様化により、様々な保育サービスを行っている保育所などがありますので、有給休暇等がとりにくい場合もあるともいわれています。24時間子どもたちをサポートする生活型の児童養護施設なども同様です。

求人を探す際には、こういった待遇面も事前に確認しておくことも大切です。

講座資料を無料でお届け

保育士試験制度や保育士資格の活用性、キャリア・ステーション保育士総合講座のご案内を無料でお届けしております。以下のフォームからご請求ください!

※その他のエリア(インターネット校)をご検討の方はこちらのページもご確認ください。






保育士試験を受けるならいますぐ無料説明会にご参加ください!

保育士試験合格には学習スケジュールが非常に重要です!専任スタッフが丁寧にご説明いたします。ぜひいますぐご来校いただき、学習スケジュールをお早めにご相談ください!
※月曜・祝日は定休日となります。あらかじめご了承くださいませ。

※年齢と学歴は保育士試験の受験資格を確認するためのものです。受験資格が無い方には応援プランをご用意しております。