ご希望の方には、無料個別説明会でさらに詳しい情報をスタッフがご説明します。お気軽にご参加ください!

深夜保育とは?

深夜保育は夜間保育とも言われています。18時から22時までの間、保護者が仕事などの事情により、子どもの保育を行えない場合、保育所が代わりに子どもを預かり、保育を行うことをいいます。

深夜保育の変遷

1981年に当時の厚生省が夜間保育を制度として容認し、それ以降、保育所が深夜・夜間保育サービスを提供するようになりました。夜間保育園では11時から22時が、基本開所時間として定められています。

一方、深夜・夜間保育サービスを専門に行う保育所のほかに、通常保育の延長として18時以降も保育を行う所も増えてきています。こちらは延長保育といいます。

深夜保育の現状と保育内容

深夜・夜間保育サービスを専門に行っている認可された保育所・保育園は全国でも少なく、認可外の施設がニーズに応えている現状もあります。

深夜・夜間保育で行う保育は、利用時間・施設の方針などによって変わってきますが、通常時間帯の保育とは異なり、子どもの1日の疲れを癒すために家庭生活にそった、体を休めること(入浴や睡眠、休憩)を中心とした活動となります。

講座資料を無料でお届け

保育士試験制度や保育士資格の活用性、キャリア・ステーション保育士総合講座のご案内を無料でお届けしております。以下のフォームからご請求ください!

※その他のエリア(インターネット校)をご検討の方はこちらのページもご確認ください。






保育士試験を受けるならいますぐ無料説明会にご参加ください!

保育士試験合格には学習スケジュールが非常に重要です!専任スタッフが丁寧にご説明いたします。ぜひいますぐご来校いただき、学習スケジュールをお早めにご相談ください!

※年齢と学歴は保育士試験の受験資格を確認するためのものです。受験資格が無い方には応援プランをご用意しております。