ご希望の方には、無料個別説明会でさらに詳しい情報をスタッフがご説明します。お気軽にご参加ください!

保育士は保育のプロフェッショナル

保育士は子どもを保育する専門家(プロ)です。そのため子ども達が安心して楽しめる活動ができる保育のスキルを身につけておく必要があります。

では、具体的にはどのようなスキルが必要とされているのかをお話ししていきましょう。

保育士に求められるスキル

保育士に求められるスキルはたくさんありますが、その中で保育士試験の実技の課題にもなっている音楽、絵画、言語の領域に関するスキルについてお話していきます。

保育士試験では、この3分野のうち2つを選択して合格することで保育士資格の取得ができますが、実際の保育現場ではこの3つの領域のスキルを全て必要とします。

音楽の大切さ

まずは音楽についてですが、ピアノやオルガンを弾きながら、子ども達と季節の歌をうたったり、リズムに合わせて体を動かしたりする際に必要とされます。

もちろん楽器に頼らず、保育士の生の声で子ども達に歌を聞かせることもありますが、乳幼児期にきれいな音や正しいメロディを知らせることはとても大切なことなので、やはり楽器の音を聞かせる必要があるのです。

絵で信頼関係を築けることも

次に絵画の分野についてですが、年齢に合わせた絵や製作を楽しめるよう保育の中に取り入れることが必要です。その際、保育士による芸術的で素晴らしい絵や作品を子ども達に見せることが求められるわけではありません。

しかし、例えば子ども達が「これ描いて」と求めてきた時に、その場で描いてあげることができると子どもとの信頼関係が深まることもあります。絵が苦手だからと諦めてしまうのではなく、簡単なものでもいいので、子どもが求めた時に、その場で応じることができる程度のスキルが必要です。

とはいえ、そう簡単には描けないということもあると思いますので、予め事前に練習をしていくことも必要です。子ども達に人気の乗り物やキャラクターが簡単に描けると喜ばれます。

子ども達を楽しませる表現

次に言語の分野についてですが、これは絵本や紙芝居などの教材を使った表現活動や、イメージしながら楽しむ「ごっこ遊び、劇遊びなどさまざまな内容が含まれます。いずれも大事なことは保育士が堂々と表現することです。例えばオオカミ役であれば、なりきって演じていくことが大事です。

また子ども達に楽しんでもらうための下準備が必要です。子ども達の前で行う前に、必ず持ち方や演じ方などを含めてくり返し練習をしてスキルを磨いておくようにしましょう。

その他のスキル

その他の必要とされているスキルとしては、危険に関しての危機管理ができるかどうかです。すぐに察知できるよう危機感を持ち、子どもの安全を保ちながら保育を行うことは大変重要です。

子ども達の命を守るための安全を考慮した保育により、保護者が安心して預けられるよう心がけることが重要です。

上記のスキルは保育士に求められるスキルのほんの一部です。最初から完璧にできなくても子ども達と一緒に成長しながら、しっかりと身につけ、さらなるスキルアップを目指す努力が保育現場の保育士には求められています。

講座資料を無料でお届け

保育士試験制度や保育士資格の活用性、キャリア・ステーション保育士総合講座のご案内を無料でお届けしております。以下のフォームからご請求ください!

※その他のエリア(インターネット校)をご検討の方はこちらのページもご確認ください。






保育士試験を受けるならいますぐ無料説明会にご参加ください!

保育士試験合格には学習スケジュールが非常に重要です!専任スタッフが丁寧にご説明いたします。ぜひいますぐご来校いただき、学習スケジュールをお早めにご相談ください!

※年齢と学歴は保育士試験の受験資格を確認するためのものです。受験資格が無い方には応援プランをご用意しております。