ご希望の方には、無料個別説明会でさらに詳しい情報をスタッフがご説明します。お気軽にご参加ください!

幼保一体化とは?

幼保一体化(幼保一元化)とは、保育所と幼稚園の一元化を目指す政策を言います。保育所と幼稚園を「こども園」として統合する方向で検討がなされ、幼保一体型の「総合こども園」を創設し、0~2歳を対象とした認可保育所、幼稚園という新制度でのサービス実施を目指していました。

しかし、平成24年6月12日の修正協議にて、公明党が民主・自民両党に対し「現行の認定こども園制度は、財政支援が不十分で文部科学省と厚生労働省の二重行政の弊害が指摘されている」との対案を提示しました。これにより「総合こども園」の創設は見送られ、現行の「認定こども園」を拡充していく方向に向かっています。

幼保一体化と幼保一元化

ニュース報道などにおいては、この異なる呼称が使われているのですが、そもそも意味の違いはあるのでしょうか。

実はこの2つの言葉、意味の違いはありません。現与党である自民・公明両党は「幼保一元化」と呼んでいるのに対し、旧与党である民主党は同様の政策を「幼保一体化」と呼んでいたのです。

幼保一体化の目的

平成22年11月19日 「基本制度ワーキングチーム(第5回)」資料1より
(1)質の高い幼児教育・保育の一体的提供
世界に誇る幼児教育・保育を全ての子に
(2)保育の量的拡大
男女がともにあらゆる場面で活躍できる社会を目指し、女性の就労率向上や多様な保育のニーズに対応する保育の量的拡大を図る
(3)家庭における養育支援の充実
支援を必要とする全ての親子が全ての地域であらゆる施設において支援を受けられるように
講座資料を無料でお届け

保育士試験制度や保育士資格の活用性、キャリア・ステーション保育士総合講座のご案内を無料でお届けしております。以下のフォームからご請求ください!

※その他のエリア(インターネット校)をご検討の方はこちらのページもご確認ください。






保育士試験を受けるならいますぐ無料説明会にご参加ください!

保育士試験合格には学習スケジュールが非常に重要です!専任スタッフが丁寧にご説明いたします。ぜひいますぐご来校いただき、学習スケジュールをお早めにご相談ください!
※月曜・祝日は定休日となります。あらかじめご了承くださいませ。

※年齢と学歴は保育士試験の受験資格を確認するためのものです。受験資格が無い方には応援プランをご用意しております。