ご希望の方には、無料個別説明会でさらに詳しい情報をスタッフがご説明します。お気軽にご参加ください!

男性保育士の数は年々増加

保育士は、以前「保母さん」、「保父さん」と呼ばれていましたが、平成11年4月の児童福祉法改正により「保育士」という名称に統一されました。男女ともに「保育士」という名称に統一され、性別の垣根がなくなったことが影響しているのか、男性保育士の数は年々増加しています。

また、これから保育士を目指されるキャリア・ステーションの受講生や講座説明会参加者も、男性の割合は増加しております。年齢層も20代~60代と幅広く、それだけ保育士のニーズが高まっていると言えます。

男性保育士は父親代わり

男性保育士は女性保育士の人数と比較するとまだまだ少ないのが現状です。しかし、男性保育士は女性保育士より、力仕事に長けている、子どもたちにとっての「父親的な存在」になることができるという大きな武器を持っています。

子どもたちは、家以外に「父親」の存在がいることで、大きな安心感を抱くことができます。男性特有の利点を活かすことで、保育士としての活躍の場が広がることでしょう。

講座資料を無料でお届け

保育士試験制度や保育士資格の活用性、キャリア・ステーション保育士総合講座のご案内を無料でお届けしております。以下のフォームからご請求ください!

※その他のエリア(インターネット校)をご検討の方はこちらのページもご確認ください。






保育士試験を受けるならいますぐ無料説明会にご参加ください!

保育士試験合格には学習スケジュールが非常に重要です!専任スタッフが丁寧にご説明いたします。ぜひいますぐご来校いただき、学習スケジュールをお早めにご相談ください!

※年齢と学歴は保育士試験の受験資格を確認するためのものです。受験資格が無い方には応援プランをご用意しております。



著者情報
山本賢太

山本賢太

保育士試験は少し複雑な部分があります!何か疑問に思われたら、お気軽にご相談ください!一緒に資格取得を目指しましょう!