ご希望の方には、無料個別説明会でさらに詳しい情報をスタッフがご説明します。お気軽にご参加ください!

病気と闘う子どもたちを助ける病棟保育士

病棟保育士は、小児病棟などで医療を受けている子どもたちに対して、遊びや、医療行為の理解を助ける仕事を行います。病気と闘っている子どもたちは、保育士に会うことで、明るくなったり、元気になります。

保育士も、子どもたちが元気になっていく、前向きになっていく姿を目の当たりにすることで、自分自身の仕事が役に立っていることに大きな充実感を得ることができます。

その充実感を得るための準備として保育士は、日頃から子どもたちとコミュニケーションを交わし、求めているものや考えを瞬時に把握する能力を養わなければなりません。そうすることでお互いの信頼関係も芽生えてくるのです。

病棟保育士の仕事は専門性が高く、豊富な現場経験も必要。

病棟保育士は、子どもたちが大人になる大事な過程を保育する責任のある職業です。だから子どもたちの心情を敏感に察し、精神的な支えとなる必要があります。心のケアをすることで、病状が回復に向かうのです。

しかしながら、現在は海外では広く認知されておりますが、日本ではまだ馴染みがありません。また、一般の保育士と比べて専門性が高く、知識だけでなく豊富な現場経験も必要になりますので、病棟保育士を目指す方はまずは一般の保育士としての経験を積むことから始めてください。

講座資料を無料でお届け

保育士試験制度や保育士資格の活用性、キャリア・ステーション保育士総合講座のご案内を無料でお届けしております。以下のフォームからご請求ください!

※その他のエリア(インターネット校)をご検討の方はこちらのページもご確認ください。






保育士試験を受けるならいますぐ無料説明会にご参加ください!

保育士試験合格には学習スケジュールが非常に重要です!専任スタッフが丁寧にご説明いたします。ぜひいますぐご来校いただき、学習スケジュールをお早めにご相談ください!

※年齢と学歴は保育士試験の受験資格を確認するためのものです。受験資格が無い方には応援プランをご用意しております。