ご希望の方には、無料個別説明会でさらに詳しい情報をスタッフがご説明します。お気軽にご参加ください!

医療保育士とは?

医療保育士とは、主に小児病棟や病児保育室、病院内の保育所で働く保育士のことを言い、保育士資格を取得していることが前提となります。看護師のように医療行為を行うことはありませんが、医師や看護師などと連携をとりながら病気の子供に対して、保育や看護のサポートをする仕事です。

医療保育士になるために必要なスキル

医療保育士は保育士資格の他に、色々な病気を抱えている子供に対しての心理学やカウンセリング、病気や治療についての医療の知識、看護のノウハウを含めた対処方法などの幅広い知識があわせて必要となります。保育的側面では保育園と同じように一緒に遊んだり、子どもたちへの読み聞かせや制作活動、また一緒に歌を歌ったりなどの生活や教育面でのサポートを行います。常に子どもの体調や健康を考え、ひとりひとりに寄り添える力が必要です。

医療保育士になるには、一般的に保育士資格を取得後、保育士の実務経験を何年か積んだ後に医療保育士として病院等で活躍される方が多いようです。

講座資料を無料でお届け

保育士試験制度や保育士資格の活用性、キャリア・ステーション保育士総合講座のご案内を無料でお届けしております。以下のフォームからご請求ください!

※その他のエリア(インターネット校)をご検討の方はこちらのページもご確認ください。






保育士試験を受けるならいますぐ無料説明会にご参加ください!

保育士試験合格には学習スケジュールが非常に重要です!専任スタッフが丁寧にご説明いたします。ぜひいますぐご来校いただき、学習スケジュールをお早めにご相談ください!
※月曜・祝日は定休日となります。あらかじめご了承くださいませ。

※年齢と学歴は保育士試験の受験資格を確認するためのものです。受験資格が無い方には応援プランをご用意しております。