ご希望の方には、無料個別説明会でさらに詳しい情報をスタッフがご説明します。お気軽にご参加ください!

保育士確保プランとは?

「保育士確保プラン」とは、慢性的な保育士不足の解消に向けた保育士確保のための施策です。現在実施されている「待機児童解消加速化プラン(※1)」と平成27年4月1日から施行した「子ども・子育て支援新制度(※2)」とを鑑みた際に、平成29(2017)年度末時点で「46.3万人」の保育士が必要になると推計されています。

しかし、現状のままでいきますと「6.9万人」の保育士不足が見込まれ、この「6.9万人」の保育士を何とか確保しようという計画が、「保育士確保プラン」なのです。

※1 待機児童解消加速化プラン…平成29(2017)年度末までに40万人分の保育の受け皿を確保し、待機児童の解消を目指すプラン。
※2 子ども・子育て支援新制度…認定こども園を普及させ、待機児童の解消や子育て支援の充実を図る取組み。

保育士確保施策の基本となる「4本の柱」

この「保育士確保プラン」では、既に取り組まれている「待機児童解消加速化プラン」の以下の施策を今後積極的に進めていきます。

保育士確保施策の基本となる「4本の柱」

  1. 人材育成 ― 保育士資格を取得しやすくするための取組みの実施など
  2. 就業継続支援 ― 離職防止のための研修支援など
  3. 再就職支援 ― 保育士・保育所支援センターの積極的な活用など
  4. 働く現場の環境改善 ― 処遇改善など

上記により、保育士資格取得者を増やすことはもちろん、現在保育士として働いている方たちが継続して働くことができるような支援や、保育士資格取得者が保育士として働くための就職支援、さらには現場で活躍されている保育士が働きやすいような環境改善が、今後も積極的に進められる見込みです。

新たに実施される取り組み

さらには、上記に加え、新たに以下の取組みも実施されます。

(1) 保育士試験の年2回実施の推進
保育士試験は、児童福祉法で都道府県知事が年1回以上行うことと規定されていますが、年2回実施されるよう積極的な取組みが行われます。また、現在議論が進められている『地域限定保育士制度(※3)』が実施された場合は、国家戦略特区の都道府県で2回目の試験が実施されるように積極的に取り組んでいくとされています。

※3 地域限定保育士制度…国家戦略特区の都道府県が実施する年間2回目の試験の合格者に、合格した都道府県内のみで認められる保育士資格を与え、3年後には地域を限定せずに、全国どこでも働くことができる「保育士」になることが可能な制度。

(2) 保育士に対する処遇改善の実施
「子ども子育て支援新制度」施行後の公定価格において、勤続年数や経験年数に応じて処遇改善を進めるとのことです。保育士不足の一つとして挙げられる賃金の問題について改善をし、保育士を確保していく動きです。私立保育所に勤務する保育士に対しては、平成25年度から「保育士等処遇改善臨時特例事業(※4)」が実施されて、賃金引上げに向けた対策が進められています。

※4保育士等処遇改善臨時特例事業…私立保育所の保育士等の処遇を改善するための事業。職員の賃金改善に要する経費に限定し、職員の平均勤続年数に応じて交付金が施設に交付されるものです。

(3) 保育士養成施設で実施する学生に対する保育所への就職促進を支援
大学や専門学校を卒業して、保育士資格を取得する学生が、保育所へ就職することを促進する取組みです。保育所への現地見学や現役保育士との交流会などを積極的に行っている学校などへは、就職促進活動の費用を補助します。
(4) 保育士試験を受験する者に対する受験のための学習費用を支援
保育士試験受験者が受験のために学習する際、受験講座の受講費等の一部を助成するとされています。
(5) 保育士・保育所支援センターにおける離職保育士に対する再就職支援の強化
すでに保育士資格は持っていても、保育所で勤務していない方や保育所などを離職したか方(潜在保育士)を掘り起こしていこうという動きです。都道府県や指定都市、中核市には、それぞれ保育士・保育所支援センターが設置されています。離職者や就職希望者は、この支援センターに登録をすると就職に関する情報や研修案内などを得ることができます。
(6) 福祉系国家資格を有する者に対する保育士試験科目等の一部免除の検討
社会福祉士や介護福祉士などの資格取得者に対して、保育士試験の一部科目の免除を検討するとされています。福祉系国家資格以外にも看護師、小学校教諭なども免除を検討するとありますが、詳細はまだ決定しておりません。しかし、保育や子育て支援の仕事に関心を持つ方にとって、今後保育士資格の取得がしやすい環境になることが予想されます。
講座資料を無料でお届け

保育士試験制度や保育士資格の活用性、キャリア・ステーション保育士総合講座のご案内を無料でお届けしております。以下のフォームからご請求ください!

※その他のエリア(インターネット校)をご検討の方はこちらのページもご確認ください。






保育士試験を受けるならいますぐ無料説明会にご参加ください!

保育士試験合格には学習スケジュールが非常に重要です!専任スタッフが丁寧にご説明いたします。ぜひいますぐご来校いただき、学習スケジュールをお早めにご相談ください!
※月曜・祝日は定休日となります。あらかじめご了承くださいませ。

※年齢と学歴は保育士試験の受験資格を確認するためのものです。受験資格が無い方には応援プランをご用意しております。