このページは過去にメールマガジンにて配信した保育士試験対策問題の解答・解説ページです。メールマガジン登録をご希望の方はこちらからどうぞ。

【配信日 2018年2月14日】

子どもの保健05

解答:2

A 正しい
咳エチケットとは、周囲へうつさないために、マスクを着用するなどの配慮のことである。具体的には、「咳・くしゃみの際はティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけ1m以上離れる。」「鼻汁・痰などを含んだティッシュをすぐに蓋付きの廃棄物箱に捨てられる環境を整える」 「咳をしている人にマスクの着用を促す」があげられる。

B 誤り
風疹は、妊娠後半期ではなく妊娠前半期に罹患すると、胎児に白内障・難聴・心疾患などが現れることがある(先天性風しん症候群)。また、保育所職員は感染リスクが高いので、あらかじめワクチンで免疫をつけておくとよい。

C 誤り
ワクチンがあるのは「ロタウイルス」である。冬場に流行する胃腸炎のほとんどはウイルス性のものである。ロタウイルスは乳幼児(3歳未満)が中心だが、ノロウイルスはすべての年齢で感染がみられる。

D 正しい
流行性耳下腺炎の症状は、発熱や片側ないし両側の有痛性の耳下腺の腫脹である。一般的に耳下腺腫脹は発症3日頃が最大となり、6~10日で消える。

E 正しい
手足口病の感染経路は、咳やくしゃみによる飛沫感染、水疱の内容物や便に排出されたウイルスが手などを介し、口や眼などの粘膜に入る経口(糞口)・接触感染がある。手洗いをしっかりすることは大切な予防の1つである。

苦手科目克服のための保育士総合講座の一部科目受講コース!

問題を解いてみて不安を感じる方は、次回の保育士試験で合格するためにも不安を残さないように対策しましょう!一部科目受講コースは、苦手な科目のみを選択して学習できるコースです。1科目から受講できますので、こちらのコースで万全の対策が可能です。

もちろん途中での科目追加も可能!独学や他校での学習、通信教育での保育士資格試験対策に限界を感じた方に、特におすすめのコースです。

保育士総合講座 一部科目受講コースの詳細はこちらからご覧ください。また、下記からの資料のご請求、お待ちしております。

講座資料を無料でお届け

苦手科目を克服して、今度こそ保育士試験に合格しましょう!キャリア・ステーション保育士総合講座のご案内を無料でお届けしております。以下のフォームからご請求ください!








保育士試験を受けるならいますぐ無料説明会にご参加ください!

説明会は「ご来校」「お電話」の2つのスタイルからお選びいただけます。
保育士試験合格には学習スケジュールが非常に重要です!
専任スタッフがあなたに合ったカリキュラムや勉強の進め方を丁寧にご提案いたします。

※月曜・祝日は定休日となります。あらかじめご了承くださいませ。
※ご予約が説明会希望日の前日18時を過ぎた場合、事務局による確認が翌朝以降になります。あらかじめご了承くださいませ。

※年齢と学歴は保育士試験の受験資格を確認するためのものです。受験資格が無い方には応援プランをご用意しております。

クリックから送信完了まで30秒~1分程度かかります。
送信中は、ボタン右に矢印が表示され回転します。回転が止まるまでお待ちください。
送信完了後には確認ページに自動ジャンプします。このまましばらくお待ちください。