このページは過去にメールマガジンにて配信した保育士試験対策問題の解答・解説ページです。メールマガジン登録をご希望の方は保育士試験情報メールマガジンからどうぞ。

【配信日 2019年6月17日】

保育の心理学03

解答:4

A イ
ハヴィガーストについての記述である。ハヴィガーストは、幼児期から老年期までのライフステージを捉えた。各時期の発達課題の例としては、歩行の学習や話すことの学習(幼児期)、配偶者の死に適応すること(老年期)などがある。

B ア
エリクソンについての記述である。エリクソンは、新生児から死に至るまでをライフサイクルとし、8つの段階に分けて考えた。(解説E参照)

C エ
レヴィンソンについての記述である。レヴィンソンは、成人への過渡期、人生半ばの過渡期、老年の過渡期を想定した。

D ウ
バルテスについての記述である。1970年代から生涯発達心理学を提起し、個体の発達は生涯にわたる過程であることなどを主張した。

E ア
エリクソンの記述である。生涯を8つの段階としてとらえ、各段階に発達課題と心理社会的危機があるとした。