restart2000 授業再開のお知らせ restart2000 授業再開のお知らせ

各事務局の営業時間は以下の通りになっております。新型コロナウイルス感染再拡大防止に向けた取り組みとして、換気や消毒、マスク着用などの対策を行い、皆様の健康と安全を第一に考慮した対応を継続します。


【首都圏エリア事務局】

火曜日 10:00-18:00
水曜日 10:00-18:00
木曜日 10:00-18:00
金曜日 10:00-18:00
土曜日 10:00-18:00
日曜日 10:00-18:00
月曜・祝日 定休日


【関西エリア事務局】

火曜日 10:00-21:00
水曜日 10:00-21:00
木曜日 10:00-21:00
金曜日 10:00-18:00
土曜日 10:00-18:00
日曜日 10:00-18:00
月曜・祝日 定休日


【東海エリア事務局】

火曜日 10:00-17:00
水曜日 10:00-21:00
金曜日 10:00-17:00
土曜日 10:00-17:00
日曜日 10:00-17:00
月曜・木曜・祝日 定休日

<授業スケジュール変更について>

今後、授業スケジュールの変更などが生じる場合には、当サイトならびに『受講生連絡ボード』にてご連絡をさせていただきます。

<感染再拡大防止について>

職員及び講師ともに、できる限りの予防(マスク着用・換気・アルコール消毒等)に努めております。
ご来校の皆さまにも、施設内にて同様の予防措置をお願いしております。
ご理解いただきますようお願い申し上げます。

また、感染なされた方との14日以内の接触が疑われる方におきましては、施設内への立ち入りをご遠慮いただくとともに、スタッフへのご相談をお勧めいたしております。自宅学習の進め方など状況に応じ親身にアドバイスさせていただきますのでご安心くださいませ。

<感染状況について>

現在のところ、受講生ならびに職員及び講師ともに感染の報告はございません。
万が一感染の報告がありました際には、当サイトならびに『受講生連絡ボード』にて当校の対応をご連絡させていただきます。

<既にネット学習をご利用いただいている方>

教室での授業は通常通り実施しております。当校では、職員及び講師ともにできる限りの予防(マスク着用・換気・アルコール消毒等)に努めておりますので安心してご来校ください。
また引き続き、インターネット受講もご活用くださいませ。

<今までネット学習をご利用いただいていなかった方>

ご自宅でも安心して受講ができるように、現在「保育士総合講座」をライトプランでご利用いただいている受講生にもインターネット受講を引き続き無料で開放しておりますので、ぜひご活用くださいませ。アカウント情報は個別でお知らせしております。

 

学習しやすいキャリア・ステーションだからこそ、いろんな方たちが通学されています!

「私と同年代の受講生はいるのかな?」「男性の受講生も通ってるのかな?」そんな悩みをお持ちではないですか?ご心配はいりません。キャリア・ステーションには一緒に保育士試験に挑戦する仲間がたくさん通っています!

受講生の年齢層は?

  • ■25才以下
  • ■26~30才
  • ■31~35才
  • ■36~40才
  • ■40才以上

平均年齢は約30才。平成12年の開学当初は、30歳までの社会人の方が中心でした。しかし近年は、より社会経験の豊富な方や、主婦の方の受講が急増しています。保育士資格は、年齢・経験に合わせて様々な雇用があり、生涯使える国家資格といえるでしょう。

受講生の性別は?

  • ■女性
  • ■男性

平成11年の児童福祉法施行令の改正で、「保母」の呼称が「保育士」に改められました。「保育士」の呼称が定着し、またテレビドラマ等で男性保育士の存在が注目されるようになり、男性の方の受講が大幅に増えてきました。

「男性でも保育士になれるのかな・・・」とお迷いの方、ご安心ください。すでにたくさんの仲間が保育士資格取得を目指しています。

受講生の職業は?

  • ■会社員
  • ■アルバイト・パート
  • ■専業主婦
  • ■学生
  • ■契約・派遣
  • ■その他

就業形態の多様化に伴い、保育士講座受講生の方々の職業も大きく変化してきました。開学当初は、平日夜間・土曜・日曜が以前は人気コースでしたが、最近では、主婦の方・学生の方・アルバイトの方を中心に、平日昼間のクラスの出席者も大幅に増加しています。

当校では、どのような生活環境の方でも学習できるように、『5WAY学習システム』で資格取得をサポートしています。

受講生の就業意識は?

  • ■すぐの就職・転職希望
  • ■資格取得後に検討
  • ■その他

保育系資格は、景気の動向に左右されることが少ない非常に安定した資格です。これからの経済状況の変化で共働き世帯はさらに増え、ますますニーズが高まることも予想されます。

このようなことから、近年は「すぐに転職したい」という方だけではなく、「将来に備えて」という”保険”感覚で受講される方が急増しています。